昼間のチューリップ

b0108805_8504682.jpgこれがチューリップ・・・ブルーダイヤモンド。八重咲きです。
明るい昼間だとこんなに全開です。
かわい♪
チューリップはこんなにも開いたり茎がグニューッと上を向いたり、かなりの自由奔放さですがそこがまた魅力ですよね。っていうかおもしろい。
生きてる生きてるって感じもします。
b0108805_855573.jpg昼間のラナンキュラス・・・
こっちも負けないくらい開いとります。
ラナンキュラスって結構扱いが難しいって思うんです。
茎が弱くて慎重に挿さないといけないし、きれいにアレンジできたと思っても翌日になったら途中で茎がポキンと折れていたり・・・たぶん挿す時に切り口を傷めていたんだと思う。
なので初めてレッスンで使った年はことごとく悲しい目に合っていたんです。で、好きなのに敬遠気味・・・って感じだったのですね。
でも翌年からはチャンと長持ちしてきれいに開くようになりました。コツは茎が柔らかいので斜めカットではなく真っ直ぐカットで、茎の下の方を持って優しく少しずつ挿していく。。。まぁ、自分だけが信じているコツなんですけどね。(^^;
でもいまだに心配なんです。だからしょっちゅうアレンジをお花を見ては・・・特に長く使った蕾を見て「おっ、元気元気。」ってチェックしてしまうんです。


☆わたしの元気の源。。。1日1クリックお願いします。m(_ _)m☆
  ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ →いつもありがとうございます♪


オーダーメイドでアレンジ・花束をお作りします。
[PR]
by kuroda-3 | 2007-01-27 09:10 | お花の話
<< ガーベラの水揚げ ラナンキュラスのアレンジ >>