2006年 09月 15日 ( 2 )

バラ・・・クルーザー

b0108805_1055714.jpg初対面のバラを連れて帰ってきました。
「クルーザー」という名前がついております。
花びらに少しフリルがついていて、甘いやさしいピンク色。
香りもメチャメチャいいです。
やさしい雰囲気のアレンジが作れそう♪

なのになのにすごく安かったんですね。
それはわたし的にはとってもうれしいことなんだけど、なんでかなぁ?って不安になる。
ラベルに生産者さんの名前もついているし、日が経って開きすぎってわけでもないのに・・・
確かに丈は短めでした。でも、今日明日のうちに小さいアレンジを作るわたしには問題ナシ。
トゲが多くて処理は大変でした。でも、このいい香りだもん・・・きっと虫がやって来ないように必死にトゲ出してがんばってたんだって思えば仕方ない。

まだあまり値段の違いの理由ってものがよくわからんのです。。。(^^;

☆わたしの元気の源。。。1日1クリックお願いします。m(_ _)m☆
  ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
[PR]
by kuroda-3 | 2006-09-15 11:05 | お花の話

「偶然の祝福」 小川洋子:作 (角川文庫)

前回の読書感想文(笑)からおっそろしく長い間が空きました。
いろいろ煮詰まっていてのんびり本を読む気分じゃなかったんですね。たぶん。
ってことは本が読めるってことは心の健康のバロメーターかも。。。

まぁそんな大げさなことじゃなく、単にグイグイ読む系の本じゃなかったってだけかもしれないです。
つながりはあるんだけど、短編集なので一編読めば長ーーーく放置していても大丈夫っていう感じ。
小川洋子さんのお話って独特の空気感だと思います。
なんだかこう頼りなげな感じもするのに、強さも感じるような。。。
でも残念ながらわたしにはここから何を感じ取ればいいのかピンときませんでした。(^^;
スミマセン。。。
最後に表紙の裏に書かれた文章を読んでやっと納得。
・・・失ったものへの愛と祈りが、哀しみを貫き、偶然の幸せを連れてきた。・・・美しく、切なく運命のからくりが響き合う傑作連作小説。
なるほど、そういうことだったのか。。。(^^;             よかった~度=♪♪♪
[PR]
by kuroda-3 | 2006-09-15 10:54 | 本の話