2006年 12月 19日 ( 2 )

「パラレルワールド・ラブストーリー」 東野圭吾:作 (講談社文庫)

いよいよわたしもブックオフデビューしました。(^^)
稼ぎもないのに一日で読んでしまうような本をサラで買うなんて!っていう毒舌攻撃をされてずーーっと凹んでたのです。
だからブックオフデビュー。これなら文句ないやろって感じで。。。(^^;
で、第1作目は東野圭吾さんにしました。だってハズレることがないんですもん。
「記憶の改編」なるものがキーワードになっているお話で、なんでこんなことを思いつくんだろうって・・・これがまずプロの仕事っちゅうものですね。
そう、そんなことはないだろうってことが小説の中で普通に語られているわけなんですが、それがリアルにそばに感じられるんです。
それに読んでるうちにわたしも時々記憶があいまいになったり、ビミョーにいい思い出に自分で変えてしまっているうちにホントのことがわからなくなることってあるよなぁ。。。ってワールドに入ってしまってます。(^^;
最後は切なく・・・みたいなお話でした。
でも泣けなかったのね。とうとうわたしも泣けない歳になってしまったんだろうか。。。
ってそのことが悲しかった。(笑)                よかった~度=♪♪♪♪
[PR]
by kuroda-3 | 2006-12-19 17:50 | 本の話

最終リースかも?

b0108805_826263.jpg昨日送り出したこのリースでたぶん最終かな?って感じです。
ちまたにはステキなリースがあふれているというのに、わざわざわたしに声をかけてくださった皆さまに感謝感謝です。ありがとうございました。

こうしてわたしのクリスマスもあと少しで静か~~に終わっていきます。
初めての「クリスマス」でいろいろ勉強になったこともありました。
一つの課題はリースの値段です。
マツカサもフレッシュの方も材料費から計算するとこんな値段になったのですね。(決して高くはなかったと思うんですけど。。。)
でも作るのにかかる時間はアレンジや花束よりもずっとずっとかかりました。
手間がかかるからといってこれ以上の値段をつけるのはボッタクリだと思うし
・・・ボッタクリじゃなくするためにはもう少し高価なグリーンを使ったり飾りをつけたり・・・なんかが考えられます。それなら手間は今と同じで単価が上がるってことになりますよね。
でも値段を上げるためにわざわざ高い材料にするってのもどうかと思うし、かといってわたしの作業そのものにお金を払ってもらうのもまだ早いと思うし。。。

そんな感じで・・・来年の課題です。
あっ、来年まで店じまいしてなかったらの話ですけど。。。また気の弱いことを口走ってしまいました。(^^;


☆わたしの元気の源。。。1日1クリックお願いします。m(_ _)m☆
  ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


オーダーメイドでアレンジ・花束をお作りします。
[PR]
by kuroda-3 | 2006-12-19 08:46 | お店の話